総合政策学科

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 総合政策学科

総合政策学科の特徴

英語やデータ分析を土台に 諸課題を解決する力を養成

少子高齢化やグローバル化が進む現代社会では、貧困や格差、地球環境問題、雇用に関わる諸問題など、あらゆる課題が山積しています。これからの時代に求められるのは、こうした課題を解決する力。総合政策学科では、課題解決能力を培う土台として「英語」「ソーシャル・サイエンス」「データ・サイエンス」を必修とし、PBL(課題解決型学習)の手法を活用しながら、学生自ら課題を発見し、その解決に向けて調査・研究を行うといった主体的な学びを展開します。特に2年セミナーではインターンシップやボランティア、フィールドワークも行い、具体的かつ実践的に学びます。

現代社会の課題解決に向けて リーダーシップを発揮する人に

英語やデータ分析の基礎的な学習から、フィールドワークや社会との連携、プロジェクト型教育などの実践的な学びをとおして、社会の諸相を的確に把握する「認識力」、社会の課題を的確に抽出できる「データ分析力」、高度な英語を用いた「コミュニケーション能力」、独自の構想を現実に移すための「行動力とリーダーシップ」を磨きます。さまざまな課題を抱えている現代。未来を担う皆さんは、そうした課題の解決に取り組むことが期待されています。社会の様相を的確にとらえ、課題を抽出し、その解決に導く力を身につけられる総合政策学科の学びは、そうした皆さんを力強く支えます。

主任メッセージ

いざ課題解決現場へ

総合政策学部は、今年で開設3年目を迎え、東京オリンピック・パラリンピックの開かれる来年の2020年度は、いよいよ最初の卒業生を社会に送り出す年になります。「現代社会が直面するさまざまな課題の解決を通じて、社会に貢献できる女性の育成を目指す」総合政策学部には、学外からも大きな期待を寄せていただき、課題解決の現場となる産官学の共同プロジェクトがどんどん生まれています。行動力溢れる新メンバーを募集しています。

総合政策学科主任 小舘 亮之

3つの基礎科目と4つの課題領域で課題解決力を養う

1・2年次で学習の土台として、3つ基礎科目を履修し基礎力を身につけ、
3年次にコースとして4つの課題領域から1つを選択し、実践的な課題解決能力を高めます。

課題領域

カリキュラム

1・2年次に英語と社会科学の知識、データ分析の基礎力を養い、次第に専門領域へと展開していきます。実践的に課題取り組むカリキュラムで課題解決能力を養います

授業紹介

一人ひとりに目が行き届き、学生の個性を重んじる少人数教育を実施。そこには学生と共に学びに向き合い、時には学生と意見を交える教員がいます。

教員紹介

一人ひとりに目が行き届き、学生の個性を重んじる少人数教育を実施。そこには学生と共に学びに向き合い、時には学生と意見を交える教員がいます。

総合政策学科 学科発信メディア

総合政策学科が発信するメディアサイトです。 学生×教員の対談やキャンパス風景など、学科の今をお伝えします。

Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.