学習の評価について(学部)

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学習の評価について(学部)

評価基準

学習は、授業担当者の評価基準によって試験、平常点、レポート等で評価されます。

2007年度までの入学者

  合格 不合格 失格
評価
(NA)

(NB)

(NC)

(N)
評点 100~80 79~70 69~60 合格 59~0 -
成績通知書
(NA)

(NB)

(NC)

(N)
成績証明書
(*A)

(*B)

(*C)

(*)
表示されない
単位認定された科目は評価にNが付きます(証明書は*で表示されます)。
評価保留の科目はIと表示されます。
評価が不合格、または失格、放棄したために単位が修得できなかった場合は、再度その授業科目を履修し単位を修得することができます。

2008年度以降の入学者

  合格 不合格 失格
評価
(NA)

(NB)

(NC)

(ND)

(N)
評点 100~90 89~80 79~70 69~60 合格 59~0 -
成績通知書
(NA)

(NB)

(NC)

(ND)

(N)
成績証明書
(*A)

(*B)

(*C)

(*D)

(*)
表示されない
単位認定された科目は評価にNが付きます(証明書は*で表示されます)。
評価保留の科目はIと表示されます。
評価が不合格、または失格、放棄したために単位が修得できなかった場合は、再度その授業科目を履修し単位を修得することができます。
次のいずれかに該当する場合、評価は失格「S」となります。
  1. 成績評価を行うために科目担当者が定めた要件を、試験の不受験、レポート等の課題の未提出、出席不足などにより満たさない場合。
  2. 出席重視科目において、授業時間の3分の1より多く欠席した場合。
  3. 平常点の科目において、授業時間の3分の1より多く欠席した場合、もしくは要求された課題で提出しないものがあった場合。
  4. 試験、レポートもしくは卒業論文において不正行為があったと認められた場合。

GPAについて (2008年度入学者より適用)

GPAは、Grade Point Averageの略で、大学で修得した単位の成績評価の平均(1単位あたりのポイント)を表すものです。成績通知書に記載されます。
GPAは下表に従い計算し、それに各単位数を掛けて足した合計点を総単位数で割ってスコア化します。

算出方法: 4×Aの修得単位数+3×Bの修得単位数+2×Cの修得単位数+1×Dの修得単位数
         総履修登録単位数(F「不合格」とS「失格」の単位数を含む)
  合格 不合格 失格
評価 P・N
ポイント 対象外
  • 放棄した科目は履修しなかったものとみなし、カウントされません。
  • 評価がP(合格のみの科目)とN(認定された科目)は対象外となり、カウントされません。

進級基準 (2008年度入学者より適用)

1年次から2年次までの修得総単位数が32単位に満たないものは、3年次に進級できません。
Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.