英語英文学科

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 英語英文学科

英語英文学科の特徴

英語の4技能を総合的にまなび 専門分野へと導く先進の英語教育

1900年の女子英学塾創設以来、津田塾大学は常に先進の英語教育を提供し続けています。英語英文学科は英語という言語をトータルな視点でとらえ、英語を通じて世界を探求していく学びの場です。英語学習の基盤となる1・2年次のカリキュラムは「読む・書く・話す・聞く」という言語運用能力を身につけるために、少人数クラスで徹底的にトレーニングをします。ベースとなる語学力を磨き、3年次からの専門分野へとつなげます。2019年度から名称を改めた英語英文学科では、リベラル・アーツの伝統を受け継ぎながら、国内外で活躍できる力の獲得を目指し、より実践的で実用的な学びを提供します。

世界に情報発信できる豊かな教養と専門性を養う

専門分野では、「英語圏言語文化専攻」または「異文化コミュニケーション専攻」を選択。英語圏言語文化専攻では、英語を基軸に文学・文化・言語を探求することをとおして「人間力」を育む4コース(イギリス文学・文化コース、アメリカ文学・文化コース、英語学コース、英語教育コース)、異文化コミュニケーション専攻では、能動的で実践的なアクティブラーニングを取り入れ、高い「コミュニケーション力」を滋養する2コース(異文化コミュニケーションコース、Japan Studies in Englishコース)を提供します。確かな英語力の修得とともに、論理的な思考力と表現力、異文化を理解する力や多文化社会に適応する力の獲得が期待できます。

主任メッセージ

英語が開く知の扉

英語が好き、英語を勉強したい… 英語英文学科は、こう考えているみなさんを「英語で学び、英語で発信できる」学生に育てます。英語を学ぶとは、英語を使って繰り広げられてきた人間の営みを探ることであり、また、英語を解する世界中の人びととつながり、そこに向けて発信する術を身につけることです。確かな英語力をもって、はじめて見えてくる知の領域があります。それを探求することが英語英文学科での学びです。

英語英文学科主任 大類 久恵

専門性を深める6つのコース

英語英文学科では、2年次から興味をもったコースの関連科目を履修し、3年次に専攻・コースを選択します。
いずれのコースに所属しても、関心のある科目を自由に履修できます。

カリキュラム

まずは英語の基礎力を養い、2年次からはコースに関連する専門知識を深めます。 3・4年次も実用的な英語の授業を履修するなど、英語教育を重視しています。

学士・修士5年プログラム

通常6年かかる分量の学びを5年に凝縮させた、知的好奇心と意欲に応えるプログラム。「学士」よりも1ランク上の「修士」の学位を有することで、女性のキャリアを支援します。

授業紹介

「英語教育のいまを、小学校の外国語活動をとおして学ぶ」 3・4 年セミナー(英語教育コース)の授業を紹介します。

教員紹介

一人ひとりに目が行き届き、学生の個性を重んじる少人数教育を実施。そこには学生と共に学びに向き合い、時には学生と意見を交える教員がいます。

英語英文学科 学科発信メディア

英語英文学科が発信するメディアサイトです。 学科主催のイベントや学びのレポートなど、学科の今をお伝えします。

Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.