英語英文学科 カリキュラム

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 英語英文学科 カリキュラム

1・2年次に英語の基礎力を養い、2年次からは希望するコースに関連する科目を中心に履修し、専門知識を深めます。
3・4年次においても実用的な英語の授業や英語による講義を履修するなど、英語教育を重視したカリキュラムが組まれています。

学習の評価について

  • 学習は、授業担当者の評価基準によって試験、平常点、レポート等で評価されます。
  • 1年次から2年次までの修得総単位数が32単位に満たないものは、3年次に進級できません。

卒業の要件について

  1. 本学を卒業するためには4年の修業年限を満たし(編入者を除く)所定の単位を修得しなければなりません
    卒業に必要な単位の修得は8年を限度とします。ただし、休学期間を除きます。
  2. 各学科の所定の単位を修得した者には学士の学位が授与されます。
  3. 卒業に必要な最低の単位数は次のとおりです。
英語英文学科
必修科目 セミナーおよび英語科目
(第1外国語8単位を含む)
46 50
健康余暇科学科目 4
選択科目 共通科目 15
60
  (66)*
基幹科目 15
発展科目 18
(卒業論文 または 卒論プロジェクト(卒業制作含む))   (6)*
外国語科目(第2外国語) 12
自由科目  18 (12)**
合計 128

* 英語圏言語文化専攻の卒業論文(6単位)と卒論指導(4年次、3単位)は、単独では認定されず、常に同時に認定される。異文化コミュニケーション専攻の卒論プロジェクト(卒業制作含む・6単位)と卒論プロジェクト(卒業制作含む)研究(4年次、3単位)/Thesis Writing(4年次、3単位)は、単独では認定されず、常に同時に認定される。

** 卒業論文(6単位)又は卒論プロジェクト(卒業制作含む・6単位)は選択科目の単位として認定されるが、それにともなって、自由科目の最低履修単位数は12単位となる。

Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.