公開講座「総合」

  1. HOME
  2. 大学案内
  3. 公開講座「総合」

「総合」とは

「総合」という講義は35年以上の伝統をもつ、津田塾大学が誇る非常にユニークな授業の一つです。この講義は一般市民にも公開され、公開講座として親しまれています。
何がユニークかというと、各年度のテーマ設定から始まり、講師を選んで出演依頼し、当日の講演の設営に至るまで「学生有志によるスタッフ」が中心となり、教職員の協力のもと企画・運営を担っている点です。講義では毎回、さまざまな分野の第一線で活躍している専門家を講師としてお招きし、講演と質疑応答をおこないます。時には受講生が参加するワークショップ形式をとることもあります。

この「総合」という講義の目的の一つは、身の回り、また世界で起きている事象について、講義を通して学生自身が主体的かつ自由に考え、「私はどう考えるのか」を見つける場を提供することです。今年度も、さまざまな社会の現場にふれ、知的に成長したいと考えている学生が、学科や学年の壁を越え、講師を中心とした議論の輪へ加わることを目標としています。
 

テーマ 「総合2019」 井の中の私、大海を知る

-先人たちも、もがいて成長した-

講演内容

毎回、魅力ある方々をお迎えし、講演する予定です。

講義内容

みなさんには将来の夢がありますか。例えば、海外で働きたい、この企業に就きたい、など野心を燃やしている人もいるかもしれません。そうでなくても、憧れのあの人のような生き方をしたいとか、こんな家庭を築きたいとか、ぼんやりとでも思い描いていることがあるかと思います。そして、皆さんは自分なりの将来像を実現するべく、大学という道を選びました。きっと、すでに自分の将来に向けて何か行動を起こしたり、希望に満ち溢れている人もいることでしょう。

しかし、そのような希望や理想はあっても、自分の能力や周りの環境などを振り返ってみたとき、多かれ少なかれ自分と理想の間にギャップを感じます。それは例えば英語力、お金、時間であったり、時には身長などのどうしようもない壁にぶつかることもあります。その解決策を探す過程で、行き詰まり、理想を投げ出したくなる人もいるかもしれません。理想や希望を抱いた時、誰しもそのような経験をする可能性があります。そして私たちが今いる大学という時期もまた、例外ではなく、むしろ壁に突き当たることが多い時期です。

また、大学では、将来に向けて考えなければならないことが多くあります。今までの自分・能力・やりたいことや理想を踏まえて、卒業後の進路をどうするのか、などを考えなくてはなりません。たくさんの時間があるからこそ、自分を見つめ直し、他人に目を向け、目標となる人を見つけることに力を注ぐことが出来るのではないでしょうか。日々考え、理想に近づこうと全力で生きるからこそ、引っかかるものがあり、もがく時があるのです。

しかし、いくら大学生となり、将来を考えなくてはいけないとはいえ、たった20年くらい生きた私たちが今後の将来を考えろと言われても、難しい時もあると思います。時には一人で悩み、前途茫洋の行く末に嫌気がさすことがあるかもしれません。そんなとき、私たちの先人に目を向けてみましょう。そう、歴史を振り返ると、それは悩みのクロニクルといえるかもしれません。ネアンデルタール人は火打石を発明するのに、何年かかったのでしょうか。ナポレオンは一世一代の大勝負、ロシア遠征に踏み切るまでにどれだけ煩悶したのでしょうか。屋良朝苗は沖縄の「祖国復帰」をするためにどれだけの沖縄の人々の声を聞いたのでしょうか。きっと、多くの先人も悩み、身を焦がし、諦めと希望の狭間を往来しながら人生を歩んできました。そしてそれは、「総合」の講演に来てくださる講師の方も同じなのではないでしょうか。講師の方も、壁にぶつかりそれを乗り越え、なりたい自分を追求してきました。

確かに、壁にぶつかったり、その壁を克服するためにもがき苦しむということには、ネガティブに捉える人もいるかもしれません。しかし、苦しんだからこそ、もがいたからこそ、その後に得られるものがあります。そして今までに悩み苦しんできた先人たちの経験は、今まさに壁を乗り越えていこうとしている私たちに何かしらの光を与えてくれるでしょう。

「総合」は、多くの壁を乗り越えて自分の道を生きてきた人生の先輩たちと、壁にぶつかってそれを乗り越えたいと思っている学生たちをつなぐことを目指しています。学生たちは様々な講師の方々の講演を聞くことで、新たな世界を知り、壁を乗り越える「知恵」や「ヒント」を見つけることが出来ます。たとえそのヒントが今の自分に響かなくても、大学生活の、あるいは人生のどこかでひっかかってくるかもしれません。そしてそのヒントから、新たな選択肢を見つけ、自分の可能性を広げることもできるかもしれません。そこから、自分と向き合い、自分自身で考え、自分なりの回答を導きだします。それは一回だけではなく、選択や思考を繰り返すことで、自分の中での芯が見つかり、そこに至るまでの道筋を、自分を照らす道しるべとして得ることができます。悩んで、深い海にはまっている時は苦しいけれど、悩み、挑戦し、そこを突破した時、それまでとは違う世界が目の前に広がります。新たな自分や、自分が納得できる世界を探すことができるのです。「総合2019」は、現実と理想のギャップで苦しんでいる津田塾生が、現実の延長線上に自らの理想を描くことができるようになることを目標にします。

日時・場所・費用

  • 日時    毎週木曜日 13:00~14:30
  • 場所    津田塾大学 小平キャンパス 特別教室
  • 資格    年齢・性別等制限はありません。
  • 費用    無料

公開期間

  • <第1ターム>:2019年4月18日(木)~2019年6月13日(木)〔全8回〕
  • <第3ターム>:2019年9月12日(木)~2019年11月14日(木)〔全9回〕
  • <第4ターム>:2019年11月21日(木)~2020年1月16日(木)〔全8回〕

※10/17、1/2は休講

手続方法

毎回、本学正門守衛所にて、住所・氏名等をご記入ください。
(満席の場合には、入場をお断りすることがあります。)
来校の際は、公共の交通機関をご利用ください。

聴講上の注意

  • 講義の録音・写真撮影は堅くお断りいたします。
  • 個人的な物品販売・勧誘・金品の授与はご遠慮ください。
  • 講師や他の受講者に迷惑をかけることがあった場合は、聴講をお断りする場合があります。
  • お車でのご来校はご遠慮ください。
  • 指定場所以外での喫煙は堅くお断りいたします。
  • キャンパス内または登下校中の事故等については責任を負いかねます。

保育所

キャンパス内に保育所があり、聴講の方も有料で一時利用することができます。
人数に限りがありますので、ご要望に添えない場合もございます。
詳細は本学総務課(電話042-342-5111)までお問い合わせください。

お問合わせ

津田塾大学 教務課

住所:
〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1
電話番号:
042-342-5130
Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.