学長プロフィール

  1. HOME
  2. 大学案内
  3. 学長プロフィール

学長プロフィール

学歴

1980年3月
津田塾大学 学芸学部 英文学科卒業
1983年10月
University of Kansas, Graduate School, Dept. of History, M.A. in History
(1981年9月~1982年6月 学生国際交流制度に基づく日本政府派遣留学生、1982年8月~1983年5月 ロータリー財団奨学生)
1984年3月
筑波大学大学院修士課程地域研究研究科(国際学修士)
1989年10月
University of Kansas, Graduate School, School of Education, Dept. of Educational Policy and Administration, Ph.D.in Education

職歴

1990年4月~1993年3月
桜美林大学国際学部専任講師
1993年4月~1997年3月
同 助教授
1997年4月~2004年9月
津田塾大学学芸学部英文学科助教授
2003年7月~2004年3月
スタンフォード大学フルブライト研究員
2004年5月~2008年3月
お茶の水女子大学ジェンダー研究センターCOE客員研究員
2004年10月~現在
津田塾大学学芸学部英文学科教授
2011年10月~現在
日本学術会議連携会員
2013年9月~2014年3月
ウェルズリー大学フルブライト研究員
2016年4月~現在
津田塾大学学長
2016年4月~現在
学校法人津田塾大学常務理事

学内役職

2005年1月~2007年3月
広報・学生担当学長補佐
2007年1月~2007年3月
学務担当学長補佐兼務
2007年4月~2009年1月
学務担当学長補佐
2009年2月~2012年10月
研究支援担当学長特別補佐

学会等公的機関における活動

学会

アメリカ学会

2002年~2003年、2008年~2009年、2012年~2013年 評議員
2004年~2005年  理事
2014年~現在      清水博賞選考委員
2014年~現在      常務理事
2016年~2018年  副会長
2018年~現在   会長

ジェンダー史学会

2004年~2010年、2016年~現在    常任理事
2010年~2014年    理事
2014年~2016年    副代表理事

歴史人類学会

2008年~現在 評議員

各種団体

1995年~1997年、2001年~2003年
アメリカ史研究会『アメリカ史研究』編集委員
1997年~1999年
アメリカ史研究会運営委員会代表
2001年~2002年
調布市男女共同参画推進プラン検討委員会会長
2002年~2003年
文部科学省教科用図書検定調査審議会臨時委員
2010年~2013年
私立大学連盟男女共同参画推進に関するプロジェクト委員
2011年~2013年
私立大学連盟政策研究部門会議委員
2011年~現在
一般財団法人竹村和子フェミニズム基金理事
2013年~現在
一般財団法人竹村和子フェミニズム基金審査委員長
2014年~2016年
一般社団法人津田塾大学同窓会副会長
2015年~現在
International Federation for Research in Women’s History理事
2017年~現在
公益財団法人アメリカ研究振興会評議員

審議会等公的機関における活動

2016年6月~現在
一般社団法人日本私立大学連盟 理事
2016年6月~現在
一般社団法人日本私立大学連盟 常務理事
2016年6月~現在
公益財団法人大学基準協会 評議員
2016年7月~現在
IDE大学協会 理事
2016年7月~現在
日本アカデメイア 学識者幹事
2016年9月~現在
公益財団法人私立大学退職金財団 評議員
2017年2月~現在
日本私立大学団体連合会 高等教育改革委員会委員
2017年4月~現在
学習院大学 外部評価委員会委員、5月~ 同委員長
2017年4月~現在
一般財団法人私学研修福祉会 平成29・30年度私立大学の教育・研究充実に関する研究会(大学の部)運営委員
2017年4月~現在
iShine Professional College, Academic Advisory Board
2017年7月~現在
独立行政法人大学改革支援・学位授与機構 国立大学教育研究評価委員会
2018年1月~現在
日米教育委員会日本側委員
2018年4月~現在
大学設置・学校法人審議会 特別委員
2018年4月~現在
渋谷区産官学連携組織評議員会 評議員
2018年6月~現在
島根大学外部有識者懇談会 委員
2018年6月~現在
特定非営利活動法人JAFSA 理事
2018年10月~現在
内閣府男女共同参画局 男女共同参画推進連携会議議員
2018年10月~現在
東京都政策企画局 大学との定例懇談会メンバー

研究業績(抜粋)

著書・共編著

  • 『家族と教育』ジェンダー史叢書、第2巻、明石書店、2011年、石川照子・高橋裕子共編、307頁。
  • 『津田梅子の社会史』玉川大学出版部、2002年、258頁、(アメリカ学会清水博賞受賞)。
  • 『津田梅子を支えた人びと』有斐閣、2000年、飯野正子・亀田帛子・高橋裕子共編、294頁。

分担執筆(研究書等)

(以下、頁およびpp.の表記省略)

  • 「アメリカの女子大学におけるトランスジェンダー学生の受け入れをめぐって— セブンシスターズを中心に」日本女子大学人間社会学部LGBT研究会 編『LGBTと女子大学』、学文社、2018年、42-54。
  • Diane Rodriguez-Kiino, Yuko Itatsu, and Yuko Takahashi "STEM Education in Japan: Examining the Pipeline for Female Leadership," Surviving Sexism in Academia: Strategies for Feminist Leadership, ed.,Kirsti Cole and Holly Hassel, (Routledge, 2017) 69-79.
  • 「トランスジェンダーの学生受け入れとアメリカの名門女子大学— もう一つの『共学』論争後のアドミッションポリシー」三成美保編著『教育とLGBTIをつなぐ‐学校・大学の現場から考える』青弓社、2017年、247-273。
  • 「ブリンマー大学とスペルマン大学の創設期を通して見る19世紀後半のアメリカ」有賀夏紀・小檜山ルイ編『アメリカ・ジェンダー史研究入門』青木書店、2010年、93-112。
  • “A Japanese American Enterprise: Umeko Tsuda’s Bryn Mawr Network and the Founding of Tsuda College,” China’s Christian Colleges: Cross-Cultural Connections, 1900-1950, ed., Daniel H. Bays and Ellen Widmer (Stanford: Stanford University Press, 2009) 271-286.
  • 「津田梅子の広報戦略—「スクラップブック」にみるトランスナショナルな発信の技法」香川せつ子・河村貞枝編『女性と高等教育—機会拡張と社会的相克』昭和堂、2008年、54-83。
  • 「『文明化された』家族の国アメリカ」上杉忍・巽孝之編『アメリカの文明と自画像』ミネルヴァ書房、2006年、123-149。
  • 「ジェンダー—社会史の視点から」(第4章「多文化社会としてのアメリカ」第3節)小塩和人・岸上伸啓編『朝倉世界地理講座—大地と人間の物語 13 アメリカ・カナダ』朝倉書店、2006年、126-137。
  • 「家庭から始まる移民のアメリカ化—パール・アイデリア・エリス『家庭科教育を通してのアメリカ化』」有賀夏紀・能登路雅子編『史料で読むアメリカ文化史4—アメリカの世紀—1920年代-1950年代』東京大学出版会、2005年、73-87。
  • 「ジェンダー」五十嵐武士・油井大三郎編『アメリカ研究入門』第3版、東京大学出版会、2003年、129-142。
  • 「津田梅子が執筆した『ニューヨーク・デイリー・トリビューン』紙記事—津田仙の訪朝記」氏家幹人・桜井由幾・谷本雅之・長野ひろ子編『日本近代国家の成立とジェンダー』柏書房、2003年、234-255。
  • 「つくられる性差—ジェンダーで見るアメリカ史」有賀夏紀・油井大三郎編『アメリカの歴史』有斐閣、2003年、171-190。

論文・研究ノート、プロシーディングズ等

  • 「トランスジェンダーの学生をめぐる入学許可論争とアドミッションポリシー—21世紀のアメリカにおけるセブンシスターズの女子大学を中心に」『 ジェンダー史学』12号、2016年、5-18。
  • “Recent Collaborative Endeavors by Historians of Women and Gender in Japan,” Journal of Women’s History, (2013) Vol.25, No.4, 244-254.
  • 「昭憲皇太后と津田梅子—華族女学校での接点を中心に」(研究ノート) 『明治聖徳記念学会紀要』復刊第50号、2013年、635-644。
  • 「津田梅子とアメリカ—初の官費女子留学生の一人として」『歴史評論』756号、2013年、37-53。
  • 「ラウンドテーブル15:女性と学術文化」(特集 第21回国際歴史学会議アムステルダム大会(I))『歴史学研究』No.878、2011年、47−53、(国際歴史学会議参加及び発表報告)。
  • 「津田梅子と東アジアのジェンダー表象—津田梅子が執筆した津田仙の訪朝記を中心に」『歴史・国家・女性—韓・ 日比較女性史のための試み』(プロシーディングズ、梨花女子大学校アジア女性学センター、2006年)139-152。
  • “Umeko Tsuda and Inazo Nitobe: Internationalization and their Impact on Education,” Why Japan Matters! (Proceedings of the Japan Studies Association of Canada Conference, Victoria, British Columbia, October 15-17, 2004) Vol. II, ed., Joseph F. Kess and Helen Lansdowne (Centre for Asia-Pacific Initiatives, University of Victoria, 2005) 655-663.

口頭発表

  • 川崎商工会議所主催 特別講演会「津田梅子の先駆性-<人作り>にかけた夢」登壇 (KCCIホール)2018年。
  • 朝日新聞主催「女子と教育」シンポジウム「女性活躍を加速する経営者と大学の挑戦」パネルディスカッション登壇(サピアホール)2018年。
  • 日経新聞主催 大学改革シンポジウム「改革へのリーダーシップ」パネリスト登壇(JPタワーホール)2018年。
  • “Women’s Higher Education in Meiji Japan: Umeko Tsuda and Her Transnational Networks for Founding Tsuda College–Celebration, Commemoration, and Collaboration, ”History of Education Society 50th Anniversary Conference, 2017, Winchester University, Hampshire.
  • “STEM Education in Japan: Examining the Professionalization Pipeline for Females,” Concurrent Sessions, The 17th Berkshire Conference on the History of Women, Genders and Sexualities, 2017, Hofstra University, New York.
  • 私大連第2回学長会議 シンポジウム登壇「21世紀に生きる女性たちの『力量』を育む Empowering Women since 1900」(品川プリンスホテル)2017年。
  • “Influence of the Seven Sisters Colleges on Women’s Higher Education in East Asia: The Case of Bryn Mawr and Tsuda College, ” Session 10: The Presence of American Education in Asia, The 48th American Studies Association of Korea International Conference, 2012, Seoul National University, Seoul, Korea.(国際学会招待発表)
Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.