第2外国語

  1. HOME
  2. 津田塾のまなび
  3. 第2外国語

第2外国語は6言語から選択でき、英語英文学科、国際関係学科、多文化・国際協力学科は1・2年次で必修、それ以外の学科は選択履修となります。
3・4年次まで継続して学ぶ学生、第3外国語にチャレンジする学生も少なくありません。
英語以外の外国語を学ぶことで多様な異文化への理解が深まり、世界に向けた視野が広がります。

グローバル化が英語を中心に進んでいますが、津田塾大学では、伝統的な英語教育に加えて、第2外国語の教育を重視しています。その理由は、各地域の言語に基づいて世界の多様性を理解することこそが、世界の政治・経済・社会・文化のバランスが再編されつつある21世紀の時代において不可欠だと考えているからです。授業は少人数による適正なクラス規模で行い、学芸学部の英語英文学科・国際関係学科は1・2年次、多文化・国際協力学科は1 ~ 3年次において、第2外国語の学習を必修としています。
本学の第2外国語は、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国・朝鮮語で構成されます。皆さんがどの言語を選択しても、1年目で基礎力を習得し、2年目で読解力・会話力を身につけられます。また、留学も積極的に後押しし、本学での3年目から4年目の学習を通じて、実践力を培います。
ぜひ、津田塾大学で私たちと一緒に、第2外国語を自在に操れる国際教養人になりましょう!

フランス語

どうしてフランス語?
フランスは何世紀にもわたって優れた芸術・思想・学問を生み出してきました。映画・ファッション・料理のみならず、何を研究しようと、フランス語を学べば大きな力になります。フランス語はまたスイス西部、ベルギー南部、カナダのケベック州、北西アフリカ諸国でも話されています。英語と並んで国連職員の作業言語でもあり、国際協力関係の仕事をする時、大いに役立ちます。

学びのステップ
1・2年次では文法、語彙、発音をバランスよく学び、仏検準2級程度の力を身につけます。3・4年次の選択科目には上級時事フランス語やネイティヴスピーカーによる表現演習などがあります。

  • 1年 フランス語Ⅰ(文法)/フランス語Ⅰ(演習)
  • 2年 フランス語Ⅱ(講読)/フランス語Ⅱ(演習)
  • 3年 フランス語Ⅲ(講読)/フランス語Ⅲ(演習)★
  • 4年 フランス語Ⅳ★

★=ネイティヴの教員が担当する科目

ドイツ語

どうしてドイツ語?
ドイツ、オーストリア、スイスを中心に、約1億2,000万人が用いるドイツ語は、EU域内最大の話者をもつ言語です。近代においては音楽、思想、自然科学の発展を支え、現代では負の歴史の克服、エネルギー政策の転換、多文化社会への変容などの難題に果敢に挑んできたドイツ語圏の経験は、私たちのこれからを考えるためのヒントに満ち満ちています。

学びのステップ
授業ではまず平易なコミュニケーションを反復練習しながら、ドイツ語を運用するための基本ルールを学びます。2年次にはドイツ語圏でのトピックをドイツ語で理解できるようになり、3年次以降では母語話者にドイツ語で自分の考えを伝えられるようになることが目標です。

  • 1年 ドイツ語Ⅰ(文法)/ドイツ語Ⅰ(演習)
  • 2年 ドイツ語Ⅱ(講読)/ドイツ語Ⅱ(演習)★
  • 3年 ドイツ語Ⅲ(講読)/ドイツ語Ⅲ(演習)★
  • 4年 ドイツ語Ⅳ★

★=ネイティヴの教員が担当する科目

スペイン語

どうしてスペイン語?
一口にスペイン語圏といっても、そこはさまざまな民族・言語・文化・歴史・自然が混淆するまさに多文化社会。母語話者だけでも4億人を超え、スペインやラテンアメリカはもちろん、アメリカや日本でも話者が増えているスペイン語は、複雑な現代世界を理解するのに欠かせない言語のひとつです。

学びのステップ
スペイン語Ⅰで基礎を学び、スペイン語Ⅱでは講読だけでなく、スペイン語教授法を専門とするネイティヴスピーカーによる演習を通じて、総合的なスペイン語力を養います。長期休暇中にスペイン語圏で語学研修やフィールドワークを行う学生も多く、なかにはメキシコの協定校に留学する人もいます。

  • 1年 スペイン語Ⅰ(文法)/スペイン語Ⅰ(演習)
  • 2年 スペイン語Ⅱ(講読)/スペイン語Ⅱ(演習)★
  • 3年 スペイン語Ⅲ(講読)/スペイン語Ⅲ(演習)★
  • 4年 スペイン語Ⅳ

★=ネイティヴの教員が担当する科目

ロシア語

どうしてロシア語?
顔文字 ( ゚Д゚)などで使われるД 、これ、ロシア語を表記するキリル文字なんです。チェブラーシカやフィギュアスケートから連想するロシア、北方領土問題などから連想するロシア—イメージの振れ幅が大きい、この日本の隣国を深く理解する必要性が高まっています。ロシア語の習得は、世界情勢を独特の角度から読み解く鍵にもなります。

学びのステップ
1・2年次で文字、発音、文法の基礎を固め、読解力を磨くとともに基本的な会話表現を身につけます。3年次以降は映画や小説、新聞などを教材にステップアップを図ります。ロシア語検定や語学研修、ロシアとの国際交流イベントも積極的に紹介しています。

  • 1年 ロシア語Ⅰ(文法)/ロシア語Ⅰ(演習)
  • 2年 ロシア語Ⅱ(講読)/ロシア語Ⅱ(演習)
  • 3年 ロシア語Ⅲ(講読)/ロシア語Ⅲ(演習)★
  • 4年 ロシア語Ⅳ

★=ネイティヴの教員が担当する科目

中国語

どうして中国語?
21世紀に入って国際関係が変容するなか、中国語の重要性は高まる一方です。漢字文化を共有しているアドバンテージを活かして、日本語・中国語・英語を自在に駆使できる国際人になりましょう。

学びのステップ
中国語Ⅰ(文法)では、日本人教員がすべての文法を教えます。また、中国語Ⅰ(演習)では、ネイティヴスピーカーが発音と会話を徹底的に指導します。続く中国語Ⅱ(講読)と中国語Ⅱ(演習)では、1年次の基礎を土台にして、実践力を磨いていきます。3年次以降は、中国語Ⅲ・Ⅳや学内の留学制度を通じて、中国大陸や香港、台湾の伝統・文化をふまえた本物の語学力を身につけます。

  • 1年 中国語Ⅰ(文法)/中国語Ⅰ(演習)★
  • 2年 中国語Ⅱ(講読)/中国語Ⅱ(演習)★
  • 3年 中国語Ⅲ(講読)★/中国語Ⅲ(演習)★
  • 4年 中国語Ⅳ★

★=ネイティヴの教員が担当する科目

韓国・朝鮮語

どうして韓国・朝鮮語?
日本人が学びやすいといわれる韓国・朝鮮語ですが、実は日本語とは全く異なる多彩な音や豊かな表現が楽しめる言語です。「民(たみ)」のために創られた文字「ハングル」。独創的な文字の魅力を実感しながら、隣り合う朝鮮半島のことばと文化への理解を深めましょう。

学びのステップ
韓国・朝鮮語の文法、演習、講読など、全課程をネイティヴスピーカーから学べます。程度Ⅰでは文法や発音の基礎を固め、程度Ⅱでは講読や会話などを通じて実践力を養います。朝鮮半島の歴史を学べる専門講座を併せて受講することを勧めます。また、韓国には2つの協定校があり、留学を通じて総合的な語学力を身につけることも可能です。

  • 1年 韓国・朝鮮語Ⅰ(文法)★/韓国・朝鮮語Ⅰ(演習)★
  • 2年 韓国・朝鮮語Ⅱ(講読)★/韓国・朝鮮語Ⅱ(演習)★
  • 3年 韓国・朝鮮語Ⅲ(講読)★/韓国・朝鮮語Ⅲ(演習)★
  • 4年 韓国・朝鮮語Ⅳ★

★=ネイティヴの教員が担当する科目

Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.