CAMPUS REPORT

  1. HOME
  2. 学生生活
  3. 総合政策学部のロゴマーク表彰式

2019/12/23

総合政策学部のロゴマーク表彰式

12月4日、総合政策学科周年事業のロゴマーク表彰式を開催いたしました。

津田塾大学は、女性の高等教育をめざす私塾「女子英学塾」として1900年に開学して以来数多くの「変革を担う」女性を輩出してきており、2020年に開学120周年を迎えます。2017年に開設された総合政策学科においても、これを記念しVisual Identityを確立すべく、より多くの皆様から愛され、親しみをもって利用していただけるロゴマークを募集しました。その結果、220作品という多数のご応募をいただき、厳正なる審査の結果、辻倫太郎氏の作品が最優秀賞として選ばれました。
※審査には、総合政策学科の学生、教職員、本学近隣の連携先の皆さまにご協力をいただきました。

表彰式では、辻氏より、今回のロゴマークは、津田塾大学の創設者である津田梅子の「梅」をモチーフとし、広い世界に羽ばたく将来の変革を担うたくましい女性の姿を表現したという、ロゴマークに込めた想いやコンセプトを語っていただきました。辻氏の想いがロゴマークとして形となり、これからの総合政策学部総合政策学科のシンボルとなります。     

辻倫太郎氏のデザインした最優秀作品

Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.