CAMPUS REPORT

  1. HOME
  2. 学生生活
  3. 総合政策学部授業紹介「健康医療情報システム」

2020/1/23

総合政策学部授業紹介「健康医療情報システム」

総合政策学部では、企業や官公庁、地方自治体、NPO/NGOから講師を招いたり、これらの組織と共同研究を推進したりするなど、さまざまな形で学外の人たちと交流する機会を設け、積極的に社会と連携した教育を展開しています。

総合政策学部開講科目「健康医療情報システム」では、天馬諮問株式会社の福重秀文氏が講師となり、医療情報システムを通じて、日本の病院の現状を知り、学生自身及び家族の健康や傷病、救急に対する取り組みや対処方法を理解することにより、社会における医療費問題の在り方を考えどう削減すべきかを考察しています。また、国内における医療機関、国及び自治体、消防や警察などの医療情報システムを学ぶことにより、有事に備え、電子機器端末(PC、スマートホン、ウェアラブル端末など)を有効活用できる方法やシステム開発の検討を行っています。

1月20日の授業では、国立大学法人宮崎大学長 池ノ上克氏(産婦人科医)をお招きし、地域の周産期医療から考える医療のエコロジーについて、ご講演いただきました。
Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.