2020/7/31

【在学生の方へ】
第3タームの授業の実施方法について

  1. HOME
  2. 【在学生の方へ】第3タームの授業の実施方法について

第3タームを迎えるに際して

 第1タームの終了時に、第3、第4タームの授業の実施方法を検討いたしました。新型コロナウイルスの感染拡大の現状に鑑み、今年度の後半も基本的にはオンライン授業を継続し、可能な範囲で対面式の授業を加えるという方針となりました。早く、通常の大学生活に戻れるようにという思いは山々ですが、学生・大学院生と教職員の安全と健康を第一に考えての決断でした。特にまだ一度もキャンパス生活を味わえていない1年生のみなさん、また、お仲間と共に大学生活の総仕上げを行うはずだった4年生のみなさんのお気持ちは、察するに余りあります。大学としては、みなさんの声を可能な限り受け止めながら、より良い教育を提供できるよう、引き続き努力して参ります。

 コロナ禍で私たちから奪われているものはもちろん多いのですが、一方でオンラインだからこそ、遠くにいる人たちとも自宅から簡便に繋がることができます。そうした新たな可能性についてもみなさん実感されているのではないでしょうか。授業においても、また私自身も、この機会に「新たにできるようになったこと」にも目を向けるよう努めています。

 最近、resilienceという言葉を耳にすることが多いと思います。分かりやすく言えば、災禍や苦難に遭遇し打ちのめされたとしても、立ち上がって回復する力を意味しています。まだまだ、私たちは厳しい状況下にありますが、少しでも早く立ち直っていくのだという気概を持って、柔軟な発想を大切にしながらこの危機に対応していきたいと考えています。

 「不安を、勇気に。逆境を、創造を灯す光に。」という「津田スピリット」を持って、共に今私たちを取り囲んでいるこの困難を乗り切っていきましょう。
 
津田塾大学 学長
高橋 裕子

第3タームの授業の実施方法について

 第3タームの授業は、基本的にオンラインで行います。ただし、少人数の指導を主とする一部セミナー等に関しては、授業内で対面とオンライン双方の出席者を対象に授業を実施する「授業レベルハイブリッド」の可能性を検討しています。
「授業レベルハイブリッド」は、その授業に参加する学生全員の了承を前提とし、対面授業の際の感染防止の対策を講じた上で実施するものであり、学生のキャンパスへの登校を義務付けるものではありません。
「授業レベルハイブリッド」の対象となる授業に関しては、別途本学 TsudaNet から受講者に連絡します。
 第4タームの授業の詳細に関しては9月に発表する予定ですが、新型コロナウイルス感染症の現況に鑑みると、オンライン授業の継続が見込まれます。
 なお、第4タームの実技を伴う授業の一部で実施方法についての検討が必要とされるものがあります。その結果は改めてお知らせするとともに、何らかの理由でオンラインでの受講の継続を望む学生に対しては引き続き十分に配慮をする予定です。
新型コロナウィルス対策本部
Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.