2019/2/28

文部科学省「平成30年度 私立大学研究ブランディング事業」に選定されました

  1. HOME
  2. 文部科学省「平成30年度 私立大学研究ブランディング事業」に選定されました

2019年2月26日、文部科学省 平成30年度 私立大学研究ブランディング事業の支援対象校の選定結果が公表され、本学がタイプB(世界展開型:先進的・学術的な研究拠点の整備により、全国的あるいは国際的な経済・社会の発展、科学技術の進展に寄与する取組)として申請した 『「変革を担う女性」の持続的育成を目指した「インクルーシブ・リーダーシップ研究」拠点の形成』が採択されました。取組の具体的な内容は次のとおりです。

1900年の創立以来、自立して社会に貢献できる女性を輩出してきた大学の歴史に新しい光をあて、未踏の道を切り拓く女性リーダー像としての津田ブランドを社会に発信します。具体的には、主に次の4つのテーマに取り組むプロジェクトを設け、諸活動を推進していきます。

  1. 国際的女性リーダーシップ英語教育の方法論開発
    北米大陸、アジア諸国、中近東諸国、アフリカ等海外の大学、教育機関等と連携し、国際共通語としての英語教育の方法論や教授法に関する情報を収集します。併せて女性研究者支援センターにおける先行事例も活用しつつ、本学の教育の歴史から人文系・社会系・理系教育と女性リーダーシップ教育の知見を抽出していきます。
  2. データ活用型政策研究と実践的教育プログラム開発
    連携協定を結んだ地域の社会問題(地域経済活性化、地域ケア等)に実地に取り組み、データ収集・分析とそれを提言に結びつける能力形成を目標とする実践的教育プログラムの開発を行います。
  3. 社会的インクルージョン研究基盤形成
    これまでに本学が牽引してきたインクルージョン(福祉・教育・支援・男女共同参画領域)の調査・分析を行い、具体的なインクルーシブ・リーダーシップのモデル化を行い「変革を担う人材」を育成するための教育モデルや活動の基盤モデルを構築し、公表していきます。
  4. 津田アーカイブを用いた多様で先進的な女性ロールモデル研究推進
    多様で先進的な活動実績のある本学卒業生・関係者を対象として関連する史・資料を収集・整理し、上記3つのプロジェクトの架け橋ともなる「津田アーカイブ」を構築します。このアーカイブでさまざまなロールモデルを提示することにより、複雑化した現代社会で相応の役割が担える女性リーダーの育成に資することを図ります。

津田塾大学は、これら4つのプロジェクトの活動と成果を通じて、「津田ブランド」のイメージを学内外にアピールし、これまで以上に強力なものとしていきます。

津田塾大学 戦略推進本部・研究支援事務室

Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.