2017/9/18

武蔵野美術大学との包括連携協定締結について

  1. HOME
  2. 武蔵野美術大学との包括連携協定締結について

9/15(金)、津田塾大学は武蔵野美術大学と包括連携協定を締結しました。

これまでの取組や新たな事業展開の可能性に鑑み、今後の活発な交流の推進により地域社会ひいては国際社会の発展に寄与することを目的として、教育・研究における包括協定締結を行い「グローバル重視の私立大学」「近隣校」という関係の強みを活かし以下の取り組みを行っていく予定です。

  • 合同授業及び共同研究
  • 合同FD・SD研修等の実施
  • 教職員の派遣または受け入れ
  • 教育プログラムや教材等の共同開発による授業科目の実施
  • プロジェクト研究及びシンポジウム等の共同実施

武蔵野美術大学とは、2000年に多摩アカデミックコンソーシアム(国際基督教大学・国立音楽大学・東京経済大学・東京外国語大学・津田塾大学・武蔵野美術大学)、2006年に鷹の台地区学生生徒通学安全環境推進協議会(白梅学園・創価学園・津田塾大学・武蔵野美術大学)、2015年に小平市大学連携協議会(嘉悦大学・白梅学園大学・白梅学園短期大学・一橋大学・文化学園大学・職業能力開発総合大学校・武蔵野美術大学)の締結により、単位互換、図書館の相互利用、通学の安全確保、学生・教職員の交流などを行ってきました。また、本学とは大学入試センター試験合同実施校としての関係があり、今後も連携を組みながら様々なプロジェクトに取り組んでいきます。

武蔵野美術大学公式ウェブサイト

Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.