2017/4/19

関西大学との包括連携協定の締結について

  1. HOME
  2. 関西大学との包括連携協定の締結について

 津田塾大学は、関西大学とより活発な相互交流を推進するため、幅広く連携していくことで合意に達しました。そして、4月18日(火)、津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスで開催された調印式に津田塾大学高橋裕子、関西大学芝井敬司両学長が出席し、包括連携協定に調印をしました。

この協定は、両大学の理念、特色を生かした大学間連携を通じて、相互の教育・研究の一層の進展をめざし、産学連携や地域社会への貢献活動、国際学術交流その他の諸活動を積極的に推進することにより、優れた人材の育成と真理の探求という大学本来の使命を実現し、地域社会ひいては国際社会の発展に寄与することを目的としています。

津田塾大学と関西大学は、2012年に文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」に共同採択されたライティング支援の取組みを契機として、教育に関する実質的な連携が深められてきました。今回の包括連携協定は、それらの取組みを含めた今後の活発な交流の推進に寄与するものです。

今後は、これまで取り組んできたライティング/キャリア支援体制の継続実施、ゼミ間交流の推進、各施設の相互利用、学部間でのカリキュラム連携、研究所における連携、公開講座・シンポジウムの共同開催、人事交流など、両大学の理念および特性を生かした教育・研究、地域貢献、国際学術交流等を推進していきます。

関西大学

芝井敬司関西大学学長(左)と高橋裕子学長(右)
Copyright©2019 Tsuda University.
All rights reserved.