情報科学科・女性研究者支援センター共催 津田梅子生誕150周年記念事業
「女子中高生のための情報・メディア工房2014」

津田塾大学は、2011年度に独立行政法人科学技術振興機構「女子中高生の理系進路選択支援事業」として採択された事業を継続実施し、理系の中でもとくに「情報・メディア分野」についての進路選択を支援する「女子中高生のための情報・メディア工房2014」を開催いたします。
情報科学科やメディアスタディーズ・コースを有する津田塾の学びの特色を活かし、企業見学とワークショップをセットにしたイベントを夏休み中に2回開催します。

イベントの1日の流れ

 午前:IT企業を見学
津田塾の理系学生と一緒にIT企業を訪ねて、最先端の施設を見学したり、理系分野で活躍する女性社員の方々と交流します。社会で活躍する理系の先輩達に気になることを質問してみましょう。
 
移動・昼食休憩
見学先から津田塾の千駄ヶ谷キャンパスに移動し、午前中の見学会を引率した大学生と一緒に昼食を取ります。参加者同士や大学生の先輩と更に仲良くなるチャンスです。
 
午後:ワークショップに参加
カード型コンピュータ Raspberry Pi(ラズベリーパイ)と様々な機器を接続し、プログラミングに挑戦するワークショップ(体験型の実習)に参加します。このワークショップはNPO法人CANVAS×Googleによるプログラミング学習普及プロジェクト「PEG」の一環として実施し、使用したRaspberry Piは持ち帰ることができます。


詳細はこちらをご覧ください。
 

2014/07/06

関連リンク

↑