津田梅子

津田梅子について

6歳の旅立ち

昭憲皇太后(当時は皇后)謁見のため参内した五少女

1871年(明治4)、欧米視察の岩倉具視大使一行がアメリカヘ旅立つ船上に幼い少女の姿がありました。 それは、開拓使が募集した女子留学生のうち最年少の少女、津田梅子。満6歳のことです。渡米後、梅子はワシントン郊外のランマン夫妻のもとで現地の初等・中等教育を受け、アメリカの生活文化を直接体験しました。そして11年後の1882年(明治15)の暮れ、帰国の途につきます。

時代のうねりの中で

アメリカで多感な少女時代を送った梅子にとって、帰国後の生活はカルチャーショックの連続でした。女性の置かれていた状況に驚き、日本女性の地位を高めなければという思いがつのります。梅子は留学時代からずっと国費留学生として得たものを日本女性と分かち合いたいと考えていましたが、なかなか機会にめぐりあえずにいました。伊藤博文の勧めで華族女学校の教師になりますが、自分自身の学校をつくる夢を持ち続け、アメリカヘ再留学を決意します。

ブリンマー大学の寮でくつろぐ梅子(提供:ブリンマー大学図書館)

留学先のブリンマー大学では生物学を専攻しました。ここで質の高い少人数教育を受けたことが、その後の梅子の理想とする教育観につながっていきます。帰国後は華族女学校などで教鞭を取るかたわら、1898年にはアメリカでの万国婦人クラブ連合大会で日本女性の代表として挨拶を行いました。そしてヘレン・ケラーを訪ね、招かれて立ち寄った英国ではナイチンゲールやヨーク大主教とも会見しました。多くの刺激を受け、日本の女性のための高等教育に力を尽くす決意を固めます。

世界をひらく女性たち

1931年に完成したハーツホン・ホール(設計 佐藤功一)

1900年(明治33)、梅子は先駆的な私立女子高等教育機関の一つである「女子英学塾」を創設します。開学式で梅子は英語の挨拶文を手に日本語で語りました。真の教育には、教師の資格と熱心、学生の研究心が大切であること、また学生の個性に応じた指導のためには少人数教育が望ましいこと、さらに人間として女性としてall-roundでなくてはならないこと。この精神は、津田塾の教育精神として長年培われ、現在も受け継がれています。
100年も前に、梅子が蒔いた小さな種は、今なお大きな花を咲かせ続けています。津田塾の卒業生たちは多くの分野で社会進出を果たし、着実に道を切りひらいてきました。地域社会や国際社会での貢献と活躍を願う女性たちのために、津田塾大学はこれからも質の高い教育を実践していきます。

津田梅子および津田塾大学 年譜

誕生~アメリカからの帰国(1864年~1882年)

アメリカに向かった梅子が着用していた着物

1864(元治元)年12月31日(旧暦12月3日)、父・津田仙と母・
初の次女として江戸牛込南町(現在の東京都
新宿区)に生まれる。
1871(明治4)年12月23日(旧暦11月12日)、北海道開拓使が
派遣を決めた5人の女子留学生の一人として、
欧米視察の岩倉使節団とともにアメリカに渡
る。
このとき梅子満6歳。
1872(明治5)年1月、アメリカに到着。2月、ジョージタウンに
ランマン夫妻の家に預けられる。
1873(明治6)年7月、キリスト教の洗礼を受ける。
1878(明治11)年9月、アーチャー・インスティチュートに入学す
る。
1882(明治15)年6月、アーチャー・インスティチュートを卒業す
る。
11月、山川捨松とともに帰国する。

再度のアメリカ留学(1883年~1899年)

1883(明治16)年12月、伊藤博文宅に住み込み、通訳兼家庭教師
となる。
1884(明治17)年2月、桃夭女塾で英語を教える。
6月、伊藤家を出る。
1885(明治18)年9月、華族女学校の教授補になる。(翌年、
教授)。
1889(明治22)年7月、再び米国留学に旅立つ。
9月、ブリンマー大学へ入学。生物学を学ぶ。
1891(明治24)年1月から半年間、オズウィーゴー師範学校で
教授法を学ぶ。
1892(明治25)年6月、ブリンマー大学選科を修了し、8月、帰国
する。
9月、華族女学校の教授に戻る。
1898(明治31)年5月、女子高等師範学校の教授を兼任する。
6月、万国婦人連合大会に日本代表として出席
るためアメリカのデンバーに行く。
8月、ヘレン・ケラーを訪問する。
2回目の留学の頃11月、イギリスに渡り、各大学を視察する。
1899(明治32)年1月、オックスフォード大学の聴講生となる。
3月、ナイチンゲールを訪問する。
4月、再びアメリカに渡り、7月、帰国する。

女子英学塾の開校(1900年~1919年)

     塾創立の頃

1900(明治33)年7月、華族女学校、女子高等師範学校の教授を辞任する。
9月、麹町区一番町(現在の東京都千代田区)に「女子
英学塾」を開校する。このとき塾生は10人。
1903(明治36)年2月、同区内五番町に校舎を移す。
4月、第一回卒業式を行い、8名の卒業生を出す。
1904(明治37)年女子英学塾が法律で認められた専門学校の認可を
受ける
1905(明治38)年9月、女子英学塾が英語科教員無試験検定取り扱許可
を受ける。
1907(明治40)年1月、病気保養を兼ね学事視察のため渡米。
1908(明治41)年1月、欧米視察旅行を終え帰国。
1913(大正2)年5月、世界キリスト教学生大会に出席のため渡米。
11月、帰国。
1915(大正4)年11月、女子教育に尽くした功ににより勲六等に
叙せられ、宝冠章を授けられる。
1917(大正6)年5月、発病により静養。
1919(大正8)年1月、塾長辞任を申し出る。
2月、辻マツ塾長代理就任。

女子英学塾から津田塾大学へ(1922年~現在)

         晩年

1922(大正11)年女子英学塾、東京府下北多摩郡小平村(現在の
京都小平市)に学校用地を取得する。
1923(大正12)年9月、関東大震災で五番町の校舎が全焼する。
10月から12月まで女子学院で授業を行う。
1924(大正13)年1月、仮校舎に移り授業を再開する。
1929(昭和4)年8月16日、療養中の鎌倉の別荘で没する。
享年64歳。
星野あい、塾長就任。
1931(昭和6)年9月、小平の新校舎に移転し授業を開始する。
1932(昭和7)年10月、墓地改葬
1933(昭和8)年7月、「女子英学塾」から「津田英学塾」に改称
する。
 スクールバス

1943(昭和18)年1月、理科新設認可。「津田英学塾」から
「津田塾専門学校」に改称する。
1948(昭和23)年3月、前年公布された学制の改革に伴い、
「津田塾大学」設立。
2000(平成12)年津田塾大学創立100周年を迎える。
2014(平成26)年津田梅子生誕150年を迎える。

2014/07/07

関連リンク

↑