研究指導教員及び指導分野

井上 歩 准教授

数学専攻
結び目理論を網羅的に学習し、その中から話題を選んで研究します。ただし希望によっては、私が指導できる内容(主に低次元位相幾何学、要相談)であれば、結び目理論以外を扱うことも可能です。習熟度にも依りますが、まずは教科書を一冊選んで学習します。その後、選んだ話題に関する論文をいくつか探して学習し、知識を深めながら研究の方向性を探ります。そして「(些細なことでも)何か新しい発見を得て、それを(講演したり学術論文にまとめたりして)発信する」ことを目標に、研究を行います。

菊池 弘明 准教授

数学専攻
非線形シュレディンガー方程式の定在波の軌道安定性について研究している。
ここで、定在波というのは、時間に関しては位相の周期的な変動にしか依存しない特別な形をした解であり、軌道安定であるとは、定在波に少し摂動を加えて時間発展させても、その後も形があまり変化しないことである。このことについて関数解析的手法や変分法を用いて調べている。
また、上記のことと関連して、非線形楕円型方程式の解の存在及びその性質についても興味を持っている。

小西 由紀子 教授

数学専攻
ミラー対称性と呼ばれる、素粒子論(弦理論)に起源をもつテーマについて研究を行っている。これは代数幾何、シンプレクティック幾何、圏論などの広い分野にまたがっているが、最近はそのうちの、フロベニウス多様体と呼ばれる構造について調べている。

久野 雄介 准教授

数学専攻
曲面の写像類群と呼ばれる、低次元位相幾何学で重要な役割を演ずる離散群について、主に特性類の観点から研究を行っている。

松野 一夫 准教授

数学専攻
代数体やその上で定義された代数多様体に付随する様々な数論的対象の性質を研究する。

三上 敏夫 教授

数学専攻
確率最適輸送理論の構築を目指している。 これは、大きな枠組みとしては、非線形解析学の一部と考えられるが、関連分野としては、確率論、変分解析学、力学系、平均場理論、ハミルトン・ジャコビ・ベルマン方程式の理論等があり、これらへの応用も意識しながら研究している。

中屋敷 厚 教授

数学専攻
可積分系とよばれる厳密解が求められる方程式を研究している。ソリトンと呼ばれる奇妙な波を解に持つ非線形偏微分方程式はその代表であるが、その他にもいろいろなものがある。またソリトンの観点から、指数関数、三角関数の拡張である楕円関数、アーベル関数、テータ関数の性質を研究している。

青柳 龍也 教授

情報科学専攻
プログラミング言語、コンピュータおよびネットワークを利用した教育システム、音楽情報処理を研究。

稲葉 利江子 准教授

情報科学専攻
ヒューマンコンピュータインタラクションの観点から、多言語間コミュニケーションやICTを活用した学習環境などのコミュニケーションデザインについて研究。

来住 伸子 教授

情報科学専攻
Webを利用したアプリケーション開発、情報教育、情報推薦のためのデータ処理、英語教育のための情報共有。

小舘 亮之 教授

情報科学専攻
マルチメディア情報処理技術の応用について特に情報品質の観点から健康福祉情報サービスについて研究。

栗原 一貴 准教授

情報科学専攻
マルチモーダルユーザインタフェース、情報技術を用いたコミュニケーション、およびエンターテインメントコンピューティングの研究。

永井 敦 教授

情報科学専攻
グラフ、特にC60上の離散ソボレフ不等式の研究。分数階微分およびその差分化

新田 善久 准教授

情報科学専攻
プログラミング言語、ユーザ・インターフェイス、コンピュータネットワークとその応用。

貞廣 泰造 教授

情報科学専攻
有限マルコフ連鎖の混合時間

杉村 大輔 准教授

情報科学専攻
映像から人物の行動認識・予測、画像信号処理による高品質映像再構成、および撮影の工夫に基づく画像認識の高度化

PAGE TOP

Copyright(c) 2018 Tsuda University. All rights reserved.

検索

メニュー

Copyright(c) 2018 Tsuda University. All rights reserved.