教員紹介

網谷 龍介 教授

比較政治論、ヨーロッパ政治、EU研究、国際関係概論
ドイツを中心にヨーロッパ政治を研究しています。「民主主義」の多様性と、欧州統合によるその変容が主な研究対象です。

Chris Burgess 教授

日本研究、オーストラリア研究
日本に永住する移民、日本の移民政策、グローバル化の進む多文化共生社会日本、アイデンティティ構造。

井上 則子 教授

ウェルネス研究、健康教育
若い女性のやせ志向や摂食障害について、スポーツ界の摂食障害との比較やボディ・イメージ、食行動、ストレスなどを手がかりに研究しています。

葛西 弘隆 教授

政治学、政治思想史、現代文化論
ナショナリズム、民主主義、グローバリゼーションについて、政治学と思想史の視座から研究しています。

木村 朗子 教授

日本文学、日本研究、文化研究序説
日本中古・中世の文化研究。特に平安時代後期から鎌倉時代の貴族社会の権力配置と女性の問題について考えています。

北見 秀司 教授

社会思想史、フランス語
99%の人々の「生きにくさ」の原因と解決策を哲学・思想の視点から探っています。

三砂 ちづる 教授

国際保健論、国際ウェルネス、健康教育
公衆衛生の一分野である疫学を専門とし、母子保健、国際保健分野の研究をしています。

三澤 健宏 教授

地域研究序説、ラテンアメリカの社会と文化、国際人口論
ラテンアメリカの人口と開発に関連する現代的課題についてマイノリティや周辺地域に焦点を当てて研究しています。

中村 元哉 教授

東アジア研究(中国の国際政治)、中国語
近現代中国を日本・台湾・香港や欧米世界の動向と関連付けながら研究しています。憲政、自由主義、社会主義、ナショナリズムがキーワードです。

新本 史斉 教授

翻訳文化論、越境文学論、文学論特論、ヨーロッパ文化(ドイツ)、ドイツ語
文化間の闘争の現場である〈翻訳〉において生起している微細な出来事を実践・理論の両面から検証しています。

西川 賢 教授

アメリカ政治、アメリカ社会
アメリカ合衆国の政治について研究しています。特に政党の役割に注目しながらアメリカの選挙の分析を行っています。

大泉 敬子 教授

国際機構論
国や市民が国際連合やNGOや企業などの「組織」をとおしてグローバルに結びつき、世界平和と人間の安全を守る可能性を考えています。

杉﨑 京太 教授

国際経済論、ヨーロッパ経済(イギリス)
戦間期のイギリス経済研究を基礎に、欧州統合と「グローバリゼーション」の今日的状況について考えています。

多賀 吉隆 教授

言語思想論
ロマンス語歴史言語学(ラテン語を起源とする言語群の歴史の研究)。とりわけ南フランスを中心とする地域の「少数言語」の歴史。

高垣 マユミ 教授

教育心理学、心理学、教育相談の研究
教授・学習過程における知識構築のメカニズムを、認知・社会・文化・システムなどの多角的な視点から解明しています。

武田 万里子 教授

日本国憲法、法女性学
ジェンダーに敏感な視点から憲法を研究しています。男性を無意識に人間とみなしてきた法学・法実務の批判的検討を、国際人権などを参照して行っています。

吉岡 潤 教授

東欧研究、国際関係概論
東欧・ロシアの国際関係・民族問題、ポーランド現代史を研究しています。関心の的は激動の1940年代です。

藤波 伸嘉 准教授

イスラーム概論、イスラーム地域研究入門、イスラーム地域研究特論
近代オスマン史。ムスリムと正教徒をめぐる法と学知の変容の歴史学的考察から、近現代世界の来歴を探っています。

市川 裕史 准教授

世界の文学(フランス)、ヨーロッパ文化(フランス)、フランス語
フランスロマン派研究。ゴーティエをもとに19世紀フランスを、ロマン主義をもとに過去・現在・未来の文化を考える。

木村 真希子 准教授

国際社会学
インド北東部のエスニック運動や紛争を研究しています。現地調査で現場の状況を分析すると同時に、国際的な運動やグローバル化の影響を考察しています。

小島 敬裕 准教授

東南アジア研究(アジア社会・アジア文化)
ミャンマーと中国雲南省を主なフィールドとし、上座仏教と社会の関係、少数民族の文化変容、日本人と上座仏教徒の交流史などについて研究しています。

丸山 淳子 准教授

文化人類学、国際協力論
アフリカの少数民族や先住民の生活や社会関係の変化を、フィールドワークによって明らかにし、彼らが直面している現代的課題を考察しています。

南 諭子 准教授

国際法、法学
国際社会の法である国際法を研究しています。これまでは、主に環境保護に関する国際法を研究対象としてきました。

森 悠子 准教授

開発経済学、経済学
どうしたら貧困がなくなるのか、経済学の方法を用いて研究しています。現在は、インドの政治制度や宗教・カースト間対立の問題について取り組んでいます。

中井 博康 准教授

ヨーロッパ文化(スペイン)、スペイン語
16・17世紀の文学を中心に、スペイン・ラテンアメリカの文化について研究しています。

岡本 真希子 准教授

日本史概説、日本研究(日本と台湾の近現代関係史)
近現代の日本について、台湾・朝鮮など東アジア地域とのかかわりのなかで、どのように異なる文化・民族と向きあってきたのかを研究しています。

朴 正鎮 准教授

東アジア研究(朝鮮半島の国際政治)
東アジア国際政治、朝鮮半島の分断と統一問題、日韓・日朝関係、在日朝鮮人問題

柴田 邦臣 准教授

社会学、情報社会論
私たちはなぜ、そしてどのように社会の一員となるのでしょうか。その『社会参加の社会学 』を考えています。福祉でのIT利用からその可能性に取り組んでいます。

渡邊 あや 准教授

教職概論、教育基礎論、比較教育論
世界の教育を比較しながら、その特質について考える比較国際教育学の視点から、フィンランドの教育政策・教育制度を研究しています。

Sori Doval Maja 講師

動きの教育、健康教育、ウェルネス研究
武道の国際化を研究しています。特に欧米と日本の柔道と空手道の指導法に見られる違いに関心があります。

吉村 麻奈美 講師

カウンセリングの基礎、健康教育
学生相談を担当しています。専門は臨床心理学で、青年期の自己表現や、自閉スペクトラム症の女性の特徴とその支援について、研究しています。

PAGE TOP

Copyright(c) 2017 Tsuda University. All rights reserved.

検索

メニュー

Copyright(c) 2017 Tsuda University. All rights reserved.